• 社長の賢い節税 対策しないと大損します! 法人税・所得税・相続税・M&A
  • 社長の賢い節税 対策しないと大損します! 法人税・所得税・相続税・M&A
  • 社長の賢い節税 対策しないと大損します! 法人税・所得税・相続税・M&A
  • 社長の賢い節税 対策しないと大損します! 法人税・所得税・相続税・M&A
  • 社長の賢い節税 対策しないと大損します! 法人税・所得税・相続税・M&A
  • 社長の賢い節税 対策しないと大損します! 法人税・所得税・相続税・M&A
  • 社長の賢い節税 対策しないと大損します! 法人税・所得税・相続税・M&A
【18%OFF】 社長の賢い節税 対策しないと大損します! 法人税・所得税・相続税・M&A ビジネス・経済
  • 当日発送
  • 送料無料

【18%OFF】 社長の賢い節税 対策しないと大損します! 法人税・所得税・相続税・M&A ビジネス・経済

お気に入りブランド
販売価格 :

7650税込

獲得ポイント :
ポイント

商品がカートに追加されました
【18%OFF】 社長の賢い節税 対策しないと大損します! 法人税・所得税・相続税・M&A ビジネス・経済
販売価格:¥7650 税込

在庫あり

※ 商品のお届けについてはこちらよりご確認ください。

SHOPPING が販売、発送いたします。

当日発送可 (14:00までのご注文が対象)

  • ご注文内容・出荷状況によっては当日発送できない場合もございます。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

利用可

  • ポストにお届け / 一点のみ購入でご利用可能です。
    ゆうパケットでのお届けの場合はサンプル・ノベルティが対象外となります。
    ゆうパケットには破損・紛失の保証はございません。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

商品の詳細

社長の賢い節税 対策しないと大損します。法人税・所得税・相続税・M&A〈会社と社長の双方にお金を残す法〉\r定価:14,850円\r福岡雄吉郎 著\r\r折れ線数ヶ所、シミあり。写真の通りの状態ですが、気になる方はお控えください。コメント無し即購入OKコメントのやり取り中でも先に購入された方を優先とさせていただきます。自宅保管している商品になりますので、ご理解いただいた上でのご購入をお願いいたします。
カテゴリー:本・雑誌・漫画>>>本>>>ビジネス・経済
商品の状態:やや傷や汚れあり
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:佐川急便/日本郵便
発送元の地域:長野県
発送までの日数:1~2日で発送

商品の説明

最新のクチコミ

★★★★

氏の言葉には説得力がある。少々左寄りな気がするが、おおむね賛同できる。この本は、フクシマ後の2冊目だ。最初の「原発のウソ」(扶桑社)の内容に、新たな情報が加わったような内容だ。あとがきでは、自分の講演録やインタビューを編集者が組み、最後は自分でまとめたようだ。氏は、もう反原発の旗手である。ここは、月刊オピニオン誌に、毎月寄稿してもらいたい。私も氏と同様に、フクシマの今後を危惧している。

  • kazoomer5778
  • 37歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

三橋氏の著作を読むのは初めてです。 そんな著者に言わせれば私は財務省などの情報操作に殺られている「増税論者」なのでしょう(笑 私の基本的な考えを完全に変えるまでには至りませんでしたが、考え方の筋道はしっかりとしていて 1つの考え方としては拝聴するに値する考え方であると思います。 この本の大まかな趣旨は 「復興増税」「消費税増税」にて復興財源を賄うのはとんでもない。 橋本内閣で失敗した事の繰り返しになる。 デフレの時は需要を増やすか供給を抑えるしかない。 だが供給を抑えると言うことは失業を増やすことになるのだから、結局のところは需要を増やすしかない。 国内経済が冷え込んでいる以上、政府が公共投資を増やし、減税をして民間需要を刺激すべき。 経済が上向けば財政赤字は勝手に減少していく。 にもかかわらずデフレ期に「無駄を減らせ」「公共投資を減らせ」「増税やむなし」などとインフレ対策を強行するのは自殺行為。 今まで需給ギャップに苦しんできた。 と言うことは供給力がある(余っている)と言うことで、復興需要でその余った供給力を埋められると言う事だ。 日本政府が需要を作り出せばいいし、その財源は国債で良い。 こんな感じでしょうか。 ただ気になった点を1つ挙げておきたいと思います。 それは次の文章についてです。 政府は調達したお金を復興財源として、民間企業に道路や住宅を建設させれば、その6兆円分が民間に回る。 民間企業は給料を支払う。 そして、回りまわったお金が最終的には消費を押し上げることになる。(p43) 他方「ヒトラーとケインズ」(武田知弘)と言う本では またナチスは公共事業を受注する建設業者に、ナチス党員を送り込み、業者が収益を上げすぎず、 労働者にきちんと分配されるように監視した。(p105) とあり ただ単に公共事業を行うだけでは乗数効果はそれほど上がらないのである。(p101) つまりは、大企業、高額所得者の資産を減らし、それを労働者に分配する、そうして初めて、乗数効果が生じるのだ。(p101) とあります。 この考え方によればただ単に公共事業を増やすだけで三橋氏が述べている「民間企業は給料を払う」 という部分がそんなにうまくいくのか?と。 勿論、何も公共事業をやらなかった場合に比べれば「民間企業は給料を払う」でしょうが、それが経済を大きく上向きさせるほどの「消費を押し上げることになる」かどうか。

  • fyofyo
  • 25歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★

日本が借金で危ないのはわかっていましたが、具体的にどう危ないのか知りたくて購入しました。小泉改革を絶賛評価している点は参考になりました。郵政民営化の経緯と今郵政民営化の流れが逆行している点を考えさせられました。

  • カムイ アキラ
  • 33歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品